• 会社案内
  • ご挨拶
  • 会社概要
  • 事業所一覧
  • 沿革
  • 環境への取り組み
  • 受賞関連
  • 交通アクセス

沿革

1959年[昭和34年]

兵庫県尼崎市築地で、社長・千田豊と専務・杉本忠博の共同経営で創業。
鋼材用バンドソーマシンを開発

1967年[昭和42年]

大阪市西淀川区佃に本社工場を建設

1971年[昭和46年]

形鋼用バンドソーマシンを開発

1973年[昭和48年]

社長・千田豊死去。専務・杉本忠博が社長に就任

1974年[昭和49年]

大阪中小企業投資育成株式会社から投資(転換社債)を受ける

1975年[昭和50年]

形鋼用ドリルマシンを開発

1978年[昭和53年]

大阪中小企業投資育成株式会社転換社債を償還

1981年[昭和56年]

鋼材用NCバンドソーマシンを開発

1982年[昭和57年]

兵庫県尼崎市東初島に本社工場を建設

1983年[昭和58年]

形鋼加工ラインシステムを開発

1987年[昭和62年]

形鋼用NCドリルマシンを開発

1991年[平成3年]

兵庫県尼崎市南初島にコスモ工場を建設

1995年[平成7年]

米国シカゴ市にDAITO U.S.A., INC.を設立

1996年[平成8年]

形鋼用孔あけ切断複合機(ドリル・丸鋸)を開発

1997年[平成9年]

形鋼用研削機を開発

1999年[平成11年]

形鋼用CNCバンドソーマシンを開発

2000年[平成12年]

H形鋼用3方向丸鋸盤を開発

2001年[平成13年]

形鋼用超硬ドリルマシンを開発

2003年[平成15年]

難削材用CNCバンドソーマシンを開発

2004年[平成16年]

形鋼加工全自動ライン「DASP」を開発

2007年[平成19年]

形鋼用プラズマ切断機を開発

2009年[平成21年]

創立50周年。杉本真一が社長に就任、杉本忠博は会長に就任。
H形鋼用開先加工機を開発

2010年[平成22年]

形鋼用孔あけ切断複合機(ドリル・バンドソー)を開発

2011年[平成23年]

コラム用開先加工機を開発